★  オリジナルまくらをつくる!!  ★

★STEP 1★ 枕のタイプを選ぶ
(カタチ・サイズを選びます)
左記のながれで1つの枕を作ります。
選べる枕のカタチは4種類用意いたしました。首の長さや頚椎孤の深さを考慮してカタチを選んでください。
中味素材は10種類用意いたしました。
素材にはそれぞれ特徴がありますのでお気に入りの素材を選択してください。
1つの枕に1つの素材を選んでも結構ですが、枕の部位ごとに素材を変えてつくることもできます。
また、実際に中味素材を手にとって確認してみたいという方に無料サンプルを送付しておりますお気軽にお申し込みくださいませ。
★STEP 2★ 枕の中に入れる素材を選びます
(どこの部位に何を入れるか選びます)
★STEP 3★ あなたの枕のお値段を見てみる
(当然見積無料です)
★STEP 4★ カバーの色を選択してください
★STEP 5★ カルテに記入する
オプション(無料)です。必要ない場合はとばしていただいて結構です
お届けに数日かかります
★STEP 6★ 必要事項を記入して注文!!
高さの調節につきましてはある程度調節してお届けいたしますが、高さは個人差があります。枕が到着後、微調節をしていただくようになっています。
STEP 1にすすむ >>
★STEP 7★ 届いた枕の高さの微調節をする
枕の高さは個人によって違います。
必ず微調節を行ってください




★ STEP 1 ★
まず最初に枕のカタチを選びます。選べるカタチは5種類用意しました(下記) 
外見です
枕の中です
スリーバッグ枕(全体のサイズ40×63)
枕を3つ部屋に分けました
AもしくはCの部分で頸部を支えます。
AとCの巾はそれぞれ14センチ、10センチになっています。(左の画像をご覧ください。)
女性、首の短い方はCを頸部にあたるように利用し、男性、首の長い方はAの部分が頸部にあたるように利用します。
(要するに、上下反対にして使いやすい方をご利用くださいということです。)
主に仰向けで眠ることの多い方向けの枕ですが高さを調節することで頚椎に合った枕をつくれます。
枕の高さ
頚部(A)4.5〜7.5cm 頭部(B・C)2〜7.5cm

このカタチに決める >>
外見です
枕の中です
ファイブバッグ枕スタンダード・エアーアジャストメント機能付(全体のサイズ43×63)
枕を5つ部屋に分けました
主にAの部分で頚部(首のこと)を支え、B・Cの部分で後頭部を支えます。両サイドのD・Eの部分は横向きでおやすみされるときにちょうど良い高さに調節します。
男性・背の高い方、首の長い方にお勧めいたします。

枕の高さ
頚部(A)
4.5〜7.5cm
頭部(B・C)
2〜6cm
側頭部(D・E)
5〜10cm

このカタチに決める >>
ファイブバッグ枕 スモール・エアーアジャストメント機能付(全体のサイズ40×63)
ファイブバッグ枕スタンダード】同様5つの部屋に分かれています。
Aの部分(頚部)の巾が【スタンダード】と比べて約4センチ短くなるように設計いたしました。
低い枕がお好みの方・女性・背の低い方・首の短い方にお勧めいたします
枕の高さ
頚部(A)
3.5〜5.5cm
頭部(B・C)
2〜6cm
側頭部(D・E)
5〜10cm

このカタチに決める >>
外見です
枕の中です
ファイブバッグ枕 ワイド【横向き用】(全体のサイズ46×80)
従来の枕は仰向けで眠るという事が第一条件でしたが、とにかく横向きで寝る、という事にこだわりました。
★横向きで快適に眠る事ができる
★仰向け時も快適に眠る事ができる
★寝返りがうてる
という3つの要素を追求した結果、このような横長のサイズになってしまいました(ダブルベッドで2人同時使用はできません。広すぎて・・・。)
真中の部屋(A・B・C)は入れ替える事ができますので首の長い方、短い方いずれも対応しています。    
詳細はココをクリック
枕の高さ
頚部(A)
3.5〜5.5cm
頭部(B・C)
2〜6cm
側頭部(D・E)
8〜14cm
A・B・Cは入れ替え可能

このカタチに決める >>