2006年01月18日更新

白しょうゆを使った料理レシピーコンテスト

 
先頭ページ 賃貸情報 白醤油 料理
菱太産業 太田屋守山工場 その他 リンク
 
レシピーコンテストの入賞料理(2005年秋)
企画・プレゼント
企画・プレゼント
料理レシピーの募集
お得なホームページ情報
その他−1
JavaScriptサンプル集
顔文字、絵文字
 
 
その他−2
醤油味噌の訪問者数
懸賞企画の統計データ
 
 
その他−3
サイトの履歴
目的別マップ
 
 
   
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
コンテストの料理 2005年春 2005年夏 2005年秋 2005年冬
レシピーコンテストの料理レシピの紹介

じゃこパスタ

材料(2人分)
パスタ……………………200g
じゃこ……………………40g
葱………………………6本
卵………………………2個

海苔……………………1/2枚
オリーブオイル…………大3
赤唐辛子………………1本
白醤油…………………小2

●作り方●
(1)じゃこの半量はすり鉢で粗くすりつぶす。葱は3〜4pに切る。
  卵は温泉卵にする。海苔は細く切る。
(2)フライパンにオリーブ油大さじ1と赤唐辛子を入れオリーブオイルが
  熱くなったらつぶしていないじゃこを加えて炒める。
(3)フライパンに白醤油を入れて、残りのオリーブオイルを加える。
(4)(1)のつぶしたしらす干しを加えてさっと混ぜ、葱を加える。
  1分弱火でなじませる。
(5)(4)にゆでて湯をきったパスタとゆで汁大さじ2を加えてなじませる
(6)皿に盛って卵を真ん中において海苔をふる。

●ポイント●
卵は必ずトロトロに茹でること。
黄身・白身がパスタに絡まるのがベスト!
(三月様、三重県) 2005年秋の人気投票で1位
●人気投票でのご感想●
・パスタが大好きで、特に和風仕立てが。じゃこパスタ、私も良く作りますが、レシピを参考にまた試してみます。(女性)
・じゃこのパスタは自分でも作るがあまりおいしくないので、試してみたい。(男性)
・詳細な説明で私でも作れそう。(男性)
・パスタが大好きなので食べてみたいと思いました。白醤油を使うと見た目がきれいなので煮物などにはよく使っています。参考になりました。(女性)
・じゃこパスタなんてお洒落でお酒をちびちび飲みながら食べたい一品です。(女性)
・特にじゃこパスタは前に白醤油を使わずに作って失敗しているので、リベンジするつもりでいます。(女性)
・簡単そうで良い(男性)
 

簡単!安い!でーも 美味しい豆腐きのことじ丼

材料(4人分)
ご飯……………………茶碗4杯分
しょうが…………………2cm角(みじん切り)
ごま油…………………大さじ1
白醤油…………………大さじ1
豆腐……………………2分の1丁
卵………………………4個
水………………………大さじ4
しめじ
(房をばらしておく 5ミリスライスしたシイタケでもよい)
   ……………………1パック
もみのり(なくても良い)

●作り方●
(1)ご飯を用意しておく。
(2)フライパンをあたためて、ごま油をしき、しょうがを入れ強火で少し炒める。
  そこにしめじと豆腐(16等分くらいにしたもの)を入れる。
  そこに白醤油を回しかけ、壊れないように,やさしく中火で、炒める。(フツフツするまで)
  *味見して,薄ければ白醤油を足してくださいね*
(3)卵をボールに入れ水で溶き、中火の2の中に回しかけ、少し混ぜ、
  卵がふんわりしたら、ご飯に盛っていき、出来あがり。
  もみのりがあればその上にかける。

●料理時間●
ご飯が用意できていれば、15分前後です。
●その他
とても簡単で,安く出来て、ヘルシーな丼です。白醤油なので,見た目がとても上品、味もいい感じです!
(俊くんのママ様、京都府) 2005年秋の人気投票で2位
●人気投票でのご感想●
・おいしそうなレシピばかりでしたが、中でも豆腐きのことじ丼に興味を持ちました。冷蔵庫にあるもので簡単にでき栄養もボリュームもあるので主婦には心強いメニューです。また、子供も喜んで食べてくれそうなのもポイントが高かったです。(女性)
・豆腐きのことじ丼はヘルシーな感じがして選びました。(女性)
・お料理嫌いで美味しいもの好きなので困ったチャンです。しかし見習って努力してみようかな?という気になりました。(女性)
・料理がへたな私でも本当に簡単に作れそう!そして作りたい!って思いました。材料自体も少なく、時間もほとんど掛かりそうにも無いので早速明日のお昼のでも作ってみま〜〜す^^(女性)
・今日の夜ご飯に作ってみようかなとやる気になりました。白醤油は使ったことがないので、今回は黒醤油で作ってみて、次に白醤油で作って違いを見てみたいですね。

楽ちん!あっさり美味しいチキン丼

材料(4人分)
ご飯……………………茶碗4杯分
しょうが…………………2cm角(すりおろす)
白醤油…………………大さじ2
料理酒…………………大さじ2
鶏もも肉………………400グラム

●作り方●
(1)ご飯を用意しておく。
(2)鶏肉を一口だいにカット。
(3)(2)に、しょうがのすりおろしと白醤油、料理酒を回しかけて冷蔵庫で
  10分くらいは置く。(1日おいてもよい。)
  *味が馴染むのと、肉もより柔らかくなっています*
(4)(3)を鍋に入れ、フタをして、中火でクツクツ煮込む。(8分くらい)肉の赤みが
  なくなったら、OKです。
(5)(4)をごはんに盛りつけていき、出来あがり!
  海苔やごまをかけても、美味しいです。

●料理時間●
ご飯が用意できていれば、15分前後です。(漬けこみ時間は、省いています)
●その他
とても簡単で、シンプルな丼です。玉ねぎやニンジンなどもスライスして、一緒に漬けこんでも美味しく出来ます!!
(俊くんのママ様、京都府) 2005年秋の人気投票で3位
●人気投票でのご感想●
・安い食材で手軽に出来る料理なので忙しい主婦には最適の料理だと思います。白醤油は風味やコクがある油であり、我家では親の代から愛用したいます。(女性)
・材料も凝ってなく、すぐ簡単に作れそうで美味しそうなので試してみたいと思いました(女性)
・レシピを参考にして早速料理させていただきました。好評でした。(女性)
・「秋の稲荷寿司」「鶏団子汁」共に、色合いの美しさ、食材の豊富さで、栄養バランスのよいことが魅力です。写真も、とても美味しそうです。特に白醤油で作ることで、濃くなりがちな色を抑え、素材の色を見せることが出来、きれいに仕上がっていると思います。(女性)

白醤油かんたんイカめし

材料(4人分)
米……………………540cc
イカのお刺身………1パック

材料A
 酒…………………30cc
 白醤油……………30cc
 塩…………………2.5cc

材料B
 紅生姜……………少々
 刻みのり…………少々
 三つ葉……………少々

白醤油かんたんイカめし

●作り方●
(1)米は洗っておく
(2)イカは熱湯で湯どうしする
(3)炊飯器に米と材料Aと水を入れて通常の水加減にしイカをのせて普通に炊く
(4)炊き上がったら混ぜて好みで材料Bをトッピングする

●その他●
簡単なイカの刺身を使って白醤油の上品な秋のお勧め炊き込み御飯です。
イカの香りがふわーっと広がります。
(びびがめ様、兵庫県) 2005年秋の人気投票で4位
●人気投票でのご感想●
・どれも家庭にあるもので手軽に作れそうなのがうれしい。(女性) 
・これこそ白醤油だからこそきれいに出来る料理だと思います。イカの白さが際立ってとても上品に見える料理だと思います。すごいアイディアだなぁ。(女性) 
・料理のレシピは、やはり写真がある方が味の想像がつきやすいですね。(女性)
 

秋の稲荷寿司
(きのこのお稲荷さんと秋鮭のお稲荷さん)

材料(4人分)
寿司飯
 硬めに炊いた御飯……2合分
 寿司酢
  酢……………………大匙4
  砂糖…………………大匙3〜4
 塩………………………小匙1

煮揚げ
 寿司用揚げ〈油抜きした物〉・・・8枚煮
 汁
  だし……………………3カップ
  砂糖……………………大匙3
  白醤油…………………大匙3弱
  味醂……………………大匙4

秋の稲荷寿司(きのこのお稲荷さんと秋鮭のお稲荷さん)


秋鮭の具
 生鮭(薄塩の鮭)切り身……2枚
 紫蘇………………………5枚
 胡麻………………………大匙1
 レモン汁…………………小匙1

きのこの具
 干し椎茸(生でも可)……2枚
  干ぴょう…………………20g 
 人参……………………30g 
 市販の味付けナメタケ…大匙1・1/2

だし………………………3カップ
 (椎茸の戻し汁があれば加える)
  砂糖………………………大匙2
  白醤油……………………大匙1・1/2
  味醂………………………大匙1

●作り方●
(1)御飯に塩・寿司酢を混ぜ合わせ冷ます。冷めたら2つに分ける。
(2)揚げは煮揚げ用で煮汁が鍋底ヒタヒタになるまで煮る。
(3)戻した干ぴょうを柔らかくなるまで煮る。きのこの具用の煮汁に細かく切った
  干ぴょう・椎茸・人参を加え味が染み込むまで煮る。
  最後に味付けナメタケを加える。   
(4)鮭を焼き皮と骨を取り除いて身を解しレモン汁で和える。紫蘇は細切りにする。
(5)(1)の各酢飯に(3)(4)を混ぜ合わせる。
(6)(2)の揚げの煮汁を軽く絞って半分に切った物を2つに分け一方の揚げを裏返す。
(7)裏返していない方の揚げに秋鮭の酢飯を裏返した方の揚げにきのこの酢飯を
  詰める。

●料理時間●
1時間15分
●ポイント●
・酢飯を作る時、御飯に直接塩を加えると寿司酢の味が引き締まってきます。
・焼いた鮭にレモン汁を加える事で魚の臭みを消し爽やかな味に仕上げます。今回は紫蘇を入れましたが好みで千切りにした生姜でもあいます。
・きのこは好みのきのこで良いです。シメジや松茸等でもあいます。マツタケ使用時は煮すぎると香がなくなるので気をつけて下さい。
・味付けナメタケは味が濃い物があるので調整して下さい。
(ままっち様、熊本県)  
●人気投票でのご感想●
・色々なアイデアの料理があり感心させられました。その中でもいなり寿司が具の種類も多く、一番美味しそうでしたので、一度作ってみたいです。
・稲荷寿司は自分も好きで、よく作りますが、まだ秋鮭までは入れたことがありません。よく頑張りますね。稲荷寿司は1日くらいは保存が効くし、色々なおかずも入れられるし、本当に便利ですよね。(女性)

蓮根もち汁

材料(2人分)
蓮根…………………200g
小麦粉………………100cc
油揚げ………………1枚
大根…………………50g
人参…………………30g
牛蒡…………………1/2本
しめじ………………1/2パック

糸蒟蒻………………50g
葱……………………2本
だしの素……………小2
水……………………600cc
みりん………………大1
白醤油………………大2 1/2

●作り方●
(1)油揚げは縦半分に切り細切りにする。
  大根・人参は幅5mmの拍子木切り、牛蒡はささがきにして水にさらす。
  しめじは食べやすくほぐす。糸こんにゃくは3cmに切る。葱は小口切りにする。
(2)れんこんは皮をむいてすりおろし、小麦粉を加えてよく練る。
(3)鍋に水・だしの素・(1)を入れて煮る。
(4)具が煮えたらみりん・白醤油で味をつける。
(5)(4)の鍋に蓮根生地を手で一口大に形作りながら落とし入れて6分ほど煮る。
(6)器に盛って葱をふる。

●ポイント●
蓮根だんごは必ず汁が煮立っているところに入れること
(三月様、三重県)  
●人気投票でのご感想●
・蓮根もち汁は寒い季節にピッタリ、野菜もたくさんとれてとってもヘルシーな感じですね!おいしそう!(女性)
・シンプルだけれど、薄味でほんのり甘い白醤油の持ち味を生かしてそうで美味しそうです。

二見(陣笠)揚げ

材料(4人分)
椎茸…………………12個(大きければ8個)

タネ
 (豚挽肉……………100g
 みじん切りした玉葱(小)
       ……………1/4個分
 みじん切りした椎茸の軸
 溶き卵………………1/2個
 砂糖…………………小匙1
 白醤油………………小匙1・1/2)

溶き卵、小麦粉、パン粉、揚げ油
         ………適宜

二見(陣笠)揚げ

●作り方●
(1)椎茸の軸を取り除いた所に小麦粉を少量振っておく。
(2)(1)に()内の材料を混ぜ合わせたタネを詰める。
(3)(2)のタネの方にフライの衣を付ける要領で小麦粉・卵・パン粉を付ける。
(4)160度の揚げ油でタネが加熱されるように揚げる。時々返す。
(5)レモンや下ろしダレ(大根おろし……適宜、だし汁……2カップ半、
  味醂……大匙1・1/2、白醤油……大匙3、濃口醤油………小匙1)で頂く。

●料理時間●
30分
●ポイント●
(1)椎茸の傘の裏側に小麦粉を塗すとタネが剥がれ落ちにくくなります。
(2)椎茸と種を詰めた時の大きさを同じ位にするとどちらから見ても椎茸のような所から『二見揚げ』といわれます。また、椎茸の傘が陣笠をかぶったようにも見えることから『陣笠揚げ』といわれます。
(3)タネを多く作って残ったら、それに味噌を少量加え混ぜ合わせて小判型に形成して海苔や紫蘇をつけてフライパンで焼くと『小判焼き』が出来上がります。他には野菜の量を増やして餃子の具などにもなるのでとても応用の利くタネだと思います。
(ままっち様、熊本県)