2007年03月23日更新

白しょうゆを使った料理レシピーコンテスト

 
先頭ページ 賃貸情報 白醤油 料理
菱太産業 守山工場 その他 リンク
 
レシピーコンテストの入賞料理(2006年秋)
企画・プレゼント
企画・プレゼント
料理レシピーの募集
お得なホームページ情報
その他−1
JavaScriptサンプル集
顔文字、絵文字
 
 
その他−2
醤油味噌の訪問者数
懸賞企画の統計データ
 
 
その他−3
サイトの履歴
目的別マップ
 
 
   
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
コンテストの料理 2006年春 2006年夏 2006秋 2006冬
レシピーコンテストの料理レシピの紹介

しめじとシーフードのライスグラタン

材料(4人分)
温かいごはん……………茶碗4杯
白しょうゆ…………………大さじ2
たまねぎ…………………1個
しめじ……………………1パック
シーフードミックス(冷凍)…300グラム
ピザ用チーズ……………50グラム
塩、こしょう………………少々
パセリ粉…………………少々

ホワイトソース
 バター…………………大さじ4
 薄力粉…………………大さじ3
 牛乳(人肌に温める)…500cc

●作り方●
(1)たまねぎを1センチ角に切り、しめじは手でほぐします。
(2)ホワイトソースを作ります。
  薄力粉とバターを耐熱容器に入れ(混ぜなくていいです。)
  ラップをしてレンジで1分。泡立て器でよく混ぜます。
  牛乳の半量を加え混ぜ、残りの牛乳も加え混ぜラップをして
  レンジで3分。混ぜて再びレンジで2分するとできあがりです。
(3)鍋にサラダ油を少々熱し(1)の野菜を炒めシーフードミックスは
  さっと水をかけてから加え炒め(2)のホワイトソースを加え混ぜ
  塩こしょうを少々ふります。
  (ごはんにしょうゆの味があるので塩分は控えめにします。)
(4)グラタン皿にごはんをしき白しょうゆを大さじ1/2ずつかけ
  味が全体になじむようにスプーンで軽くほぐします。
  上から(3)をかけチーズをのせ230℃のオーブンで表面が
  きつね色になるまで焼きパセリ粉をふります。

●ポイント●
ごはんに白しょうゆを混ぜホワイトソースをかけて焼きます。
洋風の中に和風テイストを盛り込みおいしく仕上がっています。
ホワイトソースはレンジで作り残りごはんであっという間にできる
みんな大好きなレシピです。
(江ア様、埼玉県) 2006年秋の人気投票で1位
●人気投票でのご感想●
・ライスグラタンは子供が大好きなので是非作ってみたいです!!(女性)
・鍋やスープにはよく使っていましたが、グラタンなどの洋風料理にも使えるとは思いませんでした。(男性)
・面白い発想ですね。いちどチャレンジしたいです。(女性)
・きのこを使って秋らしさを演出しています、家庭の味を大切にしてがんばってください(女性)
・今グラタンにはまっていましたので、ちょっとチャレンジしたいと思います。(女性)
・シメジのグラタンは味が想像出来るけど、美味しそう。(女性)
 

鶏バーグDON

材料(4人分)
鶏ひき肉………………300g


 パン粉………………大2
 酒……………………大1
 卵……………………1個
 削り節………………大3
 胡椒…………………適量
 片栗粉………………大2
 白醤油………………大2
 レンコン………………80g
 玉葱…………………80g
 バター………………20g
 溶けるスライスチーズ……2枚
 焼き油
 水……………………250ml
 鰹だしの素…………小1/2

エリンギ………………1/2P
えのき茸………………1/2P
白ブナしめじ…………1/2P
マッシュルーム………1/2P



 鰹だしの素……………小1
 水……………………400ml
 白醤油………………大4
 みりん………………大4
 水溶き片栗粉………適量

卵黄……………………4個
しし唐…………………12本
七味唐辛子

●作り方●
(1)レンコンと玉葱は2ミリ角くらいに切って沸騰した湯に入れて
  10秒くらい茹でてザルにあけて冷ましておく。
(2)Aと(1)を加えた鶏ひき肉を粘りが出るまでよくこねる。
  肉を4等分にしてバターと溶けるチーズを中心にくるように整形しておく。
(3)フライパンに油をひいて中火で(2)を焼く。表面が焼けたら、だしの素を溶いた水を
  加えて蓋をして15〜20分間中火で蒸し煮する。
(4)キノコ類を適当な大きさにカットしておく。
  Bを合わせて一煮立ちさせたところへマッシュルーム以外のキノコを加えて
  更に一煮立ちさせる。
  キノコが煮えたら味を整え、水溶き片栗粉で濃度をつける。
(5)丼飯に(3)をのせてから(4)をかけ、卵黄と油で炒めたシシ唐をあしらう。
  七味唐辛子を添えて供する。

●料理時間●
45分
●その他●
白醤油の持つ無色透明なメリットを最大限に生かした料理として考案 してみた私のオリジナル・レシピです。白い素材を集めました。今回、 白舞茸が入手できませんでしたが、あれば加えてもいいでしょう。アツ アツを割ると中心のバターとチーズがとろりと出てきて演出的にもよ かったです。
(飯田様、東京都) 2006年秋の人気投票で2位
●人気投票でのご感想●
・どれもとても美味しそうで、選ぶのにとても迷いました。鶏バーグDONは子供も喜んで食べそうなので、ぜひ作ってみたいです。(女性)
・鶏バーグ丼は鶏好き丼好きにはたまらない(-^〇^-)(男性)
・鶏肉ならではの淡白な味がチーズとバター、更には卵黄の相乗効果でまったりと美味しくなること間違いなしですね。(女性)

お月見どん

材料(4人分)
卵……………………………4コ

A
 白醤油……………………50cc
 酢…………………………50cc
 酒…………………………90cc
 みりん……………………大2

板海苔………………………1/2枚
ゴハン………………………4人分

●作り方●
(1)鍋に湯を沸かしてお湯から卵を5分茹でる。
  冷水につけて冷ます。
  殻をむく。
(2)Aを混ぜて卵を1日つけておく。
(3)のりは千切りにする。
(4)丼にご飯を入れて海苔をふる。
  中央に卵を置く。

●その他●
卵かけご飯みたいによく混ぜて食べる。
(三月様)

(三月様、三重県)

2006年秋の人気投票で3位

●人気投票でのご感想●
・お月見どん、一度作ってみます。(男性)
・お月見どんの一日待つのが楽しみですね。(男性)

秋 焼きサンマのひらめき丼!!

材料(4人分)
さんま…………………2匹
玉ねぎ…………………半玉(千切り)
しょうが…………………2cm角(おろす)
水………………………1カップ
白醤油…………………大さじ3

砂糖……………………大さじ2
酒………………………大さじ1
もみのり………………適量
大根……………………少し(おろす)
青ねぎ…………………少々(みじんぎり)

●作り方●
(1)材料の下ごしらえしておく。
(2)サンマを焼く。
  焼いたら、骨を取り、2センチにカット。
(3)なべに玉ねぎ、水 砂糖、酒、白醤油、しょうがを入れて中火くらいで、煮る。
  玉ねぎがしんなりしたら、OKです。
(4)ご飯を4つちゃわんに盛り、焼いたサンマをのせる。
  そこに、(3)の玉ねぎをかけていき、おろしと青ねぎ、のりをのせて、できあがり

●料理時間●
ごはんがあれば、20分あれば出来ます。
●その他●
とても簡単に出来ますよ−!サンマを食べて,脳の活性化!できるかも、、。
(俊くんのママ様、京都府) 2006年秋の人気投票で特別賞
●人気投票でのご感想●
・焼きサンマのひらめき丼は簡単そうなのでぜひわたしも試してみたいです。(女性)
・焼きサンマのひらめき丼はためしてみましたよ、「グッド」でした。(女性)
・さんまの丼はいいと思ったが、今すぐに作れる食材ではないので、あいいなあと思ってすぐスーパーへ走れば作れる(女性)
・サンマをこのように食べるのが斬新で、とても簡単で魚が苦手な方でも食べれそうで、本当にひらめき丼ですね。(女性)

さつまご飯餅の中華きのこあんかけ

材料(2人分)
さつま芋……………………120g
温かいご飯…………………120g


 片栗粉……………………小匙1
 白醤油……………………小匙1
 白胡麻……………………小匙1

ごま油………………………適量
椎茸…………………………2枚
えのき………………………35g
イカ…………………………50g
エビ…………………………30g
ぎんなん……………………6個
青ねぎ………………………少々


 水…………………………50cc
 白醤油……………………小匙1 1/2
 だしの素…………………少々

水溶き片栗…………………少々

●作り方●
(1)さつま芋は、よく洗い皮ごと1cm角に切り、レンジで加熱し柔らかくしておく
(2)ボールに(1)とご飯を入れ、さつま芋をつぶしながらよく混ぜる。
  aを加え全体に混ざったら、6等分に平たく丸めて、ごま油で両面焼いておく
(3)椎茸は5mmの厚さにスライスし、えのきは2cmの長さに切る。
  いかはひと口サイズに切る。ぎんなんは紙袋に入れレンジで加熱し殻をむいておく。
  青ねぎは斜め切りに切っておく。
(4)鍋にごま油大さじ1/2を入れ椎茸・えのきを炒め、いかとえびを加えてさっと炒める。
  bを入れ全体に混ざったら一旦火を止め、水溶き片栗を入れ混ぜて火をつけ、
  とろみがついたら火を止める。
(5)お皿に(2)を入れ、(4)をかけ青ねぎとぎんなんを飾る。

●料理時間●
40分。
●その他●
秋のならではの食材を使った、お料理です。さつま芋のご飯餅はさつま芋とご飯なのでとてもヘルシーで、少しきつね色に焼いたところが香ばしくてきのこのあんかけとぴったりです。きのこはしめじ、エリンギ、まいたけ何でも良いです。
(ことこと様、広島県) 2006年秋の人気投票で特別賞
●人気投票でのご感想●
・とても簡単でとてもお洒落な料理に出来あがっていますね。材料が全部ありますので早速今日作りたいと思います。(女性)
・秋の味覚で一番手といえばさつまいもと思い投票いたしました。おもちにするなんて…想像するだけでおいしそうです!(女性)
・材料も調えやすく、目先は豪華で彩りも食欲をそそります。是非作ってみたい気になりました。(女性)
・正月休みに家でかるく食べる昼食に良いです(男性)