2005年秋の「白醤油を使ったレシピ」コンテスト

二見(陣笠)揚げ

材料(4人分)
椎茸…………………12個(大きければ8個)

タネ
 (豚挽肉……………100g
 みじん切りした玉葱(小)
       ……………1/4個分
 みじん切りした椎茸の軸
 溶き卵………………1/2個
 砂糖…………………小匙1
 白醤油………………小匙1・1/2)

溶き卵、小麦粉、パン粉、揚げ油
         ………適宜

二見(陣笠)揚げ

●作り方●
(1)椎茸の軸を取り除いた所に小麦粉を少量振っておく。
(2)(1)に()内の材料を混ぜ合わせたタネを詰める。
(3)(2)のタネの方にフライの衣を付ける要領で小麦粉・卵・パン粉を付ける。
(4)160度の揚げ油でタネが加熱されるように揚げる。時々返す。
(5)レモンや下ろしダレ(大根おろし……適宜、だし汁……2カップ半、
  味醂……大匙1・1/2、白醤油……大匙3、濃口醤油………小匙1)で頂く。

●料理時間●
30分
●ポイント●
(1)椎茸の傘の裏側に小麦粉を塗すとタネが剥がれ落ちにくくなります。
(2)椎茸と種を詰めた時の大きさを同じ位にするとどちらから見ても椎茸のような所から『二見揚げ』といわれます。また、椎茸の傘が陣笠をかぶったようにも見えることから『陣笠揚げ』といわれます。
(3)タネを多く作って残ったら、それに味噌を少量加え混ぜ合わせて小判型に形成して海苔や紫蘇をつけてフライパンで焼くと『小判焼き』が出来上がります。他には野菜の量を増やして餃子の具などにもなるのでとても応用の利くタネだと思います。
(ままっち様、熊本県)