2008年春の「白醤油を使ったレシピ」コンテスト

春爛漫の煮浸し

材料(3人分)

はまぐり………………6個
 水……………………1500ml
 酒……………………50ml
(A)
 酒……………………大2
 白醤油………………大1
 混合だし…………… 200ml


生たけのこ……………1本
 水……………………適量
 米ぬか………………適量
(B)
 白醤油………………大1
 混合だし……………400ml

春爛漫の煮浸し

菜の花…………………1/4束
(C)
 白醤油…………………大1/2
 混合だし………………400ml

(混合だし)
 はまぐりの煮汁………全量
 削り節…………………100g
 昆布……………………20cm

●作り方●
(1)砂抜きをしたはまぐりと水、酒を鍋に合わせて沸騰するまで強火で加熱し、
 沸騰後は中火で1分間炊いてからザルにこす。

(2)(混合だし) (1)の煮汁に昆布を入れて強火で沸かし、沸騰寸前で引き上げる。
 煮汁が沸騰したら火を止めて削り節を加え、ザルでこし、冷ましておく。

(3)(A)にはまぐりを浸す。
 水と米ぬかで45分〜1時間茹でたたけのこを流水でさらしながら皮を剥く。
 小さめに切ったたけのこを(B)と合わせて一煮立ちさせる。
 (C)に青茹でして冷ました菜の花を浸す。
 浸し時間は冷蔵庫で3-6時間おくと馴染む。

(4)はまぐりの貝殻やたけのこの皮などを適宜あしらって盛り付ける。
 最後に上から(A)の煮汁を上からかけて供する。

●料理時間
目安は60〜90分です。
その他
・太田屋白醤油の色合いと風味を活かす、料亭本格料理の様なおもてなし向けのオリジナル和食レシピです。
・調味料はだしの量によって変化します。記載されている分量を参考に適切な塩加減を調整してください。お吸い物の塩加減よりは濃い目を目安にしてください。
・材料を浸す際は具材もダシも冷めていないと傷む場合がありますので注意してください。
・この料理が掲載されるころは菜の花の出回りが過ぎていると思いますので適宜、入手しやすい青菜に。はまぐりも入手しにくい場合はアサリなどに変更してはいかがでしょうか?
・水煮たけのこを使う場合は煮る時間を少し長めにしてください。
(飯田様、東京都)