抽選処理(3)


懸賞の当選者を決めるサンプル(3)です。
手順
1)応募人数を入力
2)「当選者の決める」ボタンを押す
3)当選者の番号が表示される。
当選者の番号:1から応募人数の番号。
4)入力がない場合、当選者の番号はなにも表示されません。

注1)小数点以下応募人数は切捨て
注2)応募人数が1未満は、当選者の番号はなにも表示されません。

応募人数:

 

当選者の番号:

<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function calc(){
 document.f01.T2.value = "";
 if (document.f01.T1.value == ""){
 } else {
  if (isNaN(document.f01.T1.value) == false){
   if (document.f01.T1.value > 1){
    document.f01.T2.value = 
             parseInt(Math.random() * parseInt(document.f01.T1.value)) + 1;
   } else {
   } 
  } else { 
  }
 } 
}
//-->
</SCRIPT>

(1)数値チェック
if (isNaN(document.f01.T1.value) == false){

(2)1以上チェック
if (document.f01.T1.value > 1){

(3)1未満切り捨て
parseInt(document.f01.T1.value)

注意

注)JavaScriptで処理しています。JavaScript対応ブラウウザでご使用下さい。


01/12/13更新

戻る