2001年10月09日更新

白醤油の太田屋醸造

 
先頭ページ 賃貸情報 白醤油 料理
菱太産業 太田屋守山工場 その他 リンク
 
白しょうゆの歴史&特徴など
白しょうゆのお話
白しょうゆの歴史
白しょうゆの特徴
白しょうゆの規格
加工原料として
白しょうゆのQ&A
ご使用上の注意事項
白しょうゆの製造工程
 
 
醤油・味噌のお話
醤油の種類
醤油の歴史
醤油の賞味期限
醤油の用語説明
醤油(ご意見)
 
味噌の種類
その他味噌の情報
味噌(ご意見)
 
味噌・醤油・糀(地域)
味噌・醤油・糀(50音)
 
 
   

白しょうゆの歴史
 白しょうゆの起源にはいろいろな説がありますが、江戸時代後期1800年頃に、「嘗め味噌」の一種の経山寺味噌(金山寺味噌)の上汁が色が淡く、美味で調味料として面白いのではないかと言うところから当時の三河国新川(現在の愛知県碧南市)で作りだされたと言われています。

 
現在でも白醤油は、愛知県三河地方(碧南市、西尾市、安城市など)が中心で生産されています。

 

白しょうゆの特徴
 白醤油は、東海地方(特に愛知県)の特産物です。色は淡い、独特な風味の醤油です。

 原料は小麦がほとんどで、大豆が少量使われる。小麦が主原料なので糖分が高いのも特徴です。また一般的に、白しょうゆは加熱殺菌処理をしていませんので、酵母が生きています。賞味期限も他の醤油に比べ短くなっています。

 茶碗蒸、おでん、丼物、吸い物、鍋物、玉子焼、麺類、中華風料理、西洋風料理等の料理によく使われます。
 

主な加工原料

 白醤油は、加工原料としてもご利用されています。

製菓 おかき、あられ、ビスケット、カステラ、キャラメルなど。
水産加工 水産珍味、味たこ、魚貝瓶缶詰、水産練製品、海老せんべいなど。
畜産加工 畜肉ハム、ソーセージなど。
農産加工 山菜珍味(なめ茸、えのき茸など)、漬物・惣菜(浅漬、酢漬、しば漬、刻み醤油漬など)。但し、加熱殺菌処理の必要なものもあります。
佃煮 甘露煮(あゆ、ます、しらうおなど)。
その他 つゆ、たれ類にお材料、各種調味料のベースとして色々ご利用頂けます。
 
 

ご使用上の注意事項
1)一般的に、白しょうゆは加熱殺菌処理をしていません。酵素が活性ですので、ご利用面においてご注意頂きたく思います。有効に利用して頂く場合と加熱処理が必要な場合があります。
2)
白醤油は「色は淡く」、「味が濃い」ため、お使いすぎにご注意してください。
3)長期間放置されますと着色することがあります。風味の変化はありませんが、冷暗所に保存してください。
4)賞味期限が他の醤油(濃口、淡口など)よりも短いですので、ご注意してください。