マウス処理(座標位置)

ステータスバーにマウスの座標位置が表示されます

X、Y マウスの座標(X,Y)
clientX、clientY 枠の内側からの座標(X,Y)
offsetX、offsetY 枠の外側からの座標(X,Y)
screenX、screenY マウスの スクリーン上での座標(X,Y)
注)詳細の違いは、専門書などで調べて下さい。

<SCRIPT LANGUAGE=javascript>
<!--
document.onmousemove = xy00;
var xx = -1;
var yy = -1;
var x2 = -1;
var y2 = -1;
var x3 = -1;
var y3 = -1;
var t0;
function xy00() {
 xx = event.clientX;
 yy = event.clientY;
 x2 = event.offsetX;
 y2 = event.offsetY;
 x3 = event.screenX;
 y3 = event.screenY;
}

function sta00(){
 status = "座標 clientX:" + xx + " clientY:" + yy + " offsetX:" + x2 + " offsetY:" + y2 + " screenX:" + x3 + " screenY:" + y3; 
 t0 = setTimeout("sta00()",100)
}

//-->
</SCRIPT>

注意

注)JavaScriptで処理しています。JavaScript対応ブラウウザでご使用下さい。
注)Netscapeは未対応です。
注)また、MacintoshのIEの場合も値が正しく算出されません。


00/07/08更新

戻る