クッキ−(データ保存)


クッキー(cookie)ファイルのデータを操作して、画面などに情報を表示することができます。

書式

document.cookie

  a = document.cookie;   //データの読み込み
  document.cookie = a;   //データを保存


クッキー処理の一覧

クッキ−(データ保存)

クッキー(cookie)ファイルの読込み/書込み処理

お名前の保存と表示

データ項目のクッキーへの保存と読込み、データの表示

お名前の変更

クッキーへの変更処理

お名前の削除

クッキーの削除処理

データの登録

複数項目のクッキーへの登録、変更処理

注文確認フォーム(1)

注文フォームとクッキー処理

注文フォーム(1)

複数ページによるデータぼ表示と注文フォーム
(先頭ページ処理の注文フォームより拝見して下さい)

商品ページ

ご注文ページ

訪問回数

訪問回数の表示と更新



クッキー(cookie)ファイルの読込み/書込み処理

クッキーの読込み処理

function getCookie(key){
 c00 = document.cookie + ";";
 c01 = c00.indexOf(key, 0);
 c011 = c00.indexOf(key+"=", 0);
 if (c01 != -1){
  if (c011 != -1){
   c02 = c00.substring(c01,c00.length);
   cs = c02.indexOf("=","") + 1;
   ce = c02.indexOf(";",cs);
   return(unescape(c02.substring(cs,ce)));
  } else {
   return("");
  } 
 } else {
  return("");
}
「c00 = document.cookie + ";";」
クッキーデータを読込む

「c01 = c00.indexOf(key, 0);」

文字列(keyの内容)を左から検索する。見つからない時には、-1。
「c01 = c00.indexOf(key+"=", 0);」
文字列(key+"="の内容)を左から検索する。見つからない時には、-1。
c02 = c00.substring(c01, c00.length);」
文字列を抜き出す。
cs = c02.indexOf("=", 0)+ 1;」
「=」の次の位置を取り出す。
ce = c02.indexOf(";", cs);」
「;」
の位置を取り出す。
unescape(c02.substring(cs, ce))」
「=の次〜;まで」
の文字列を抜き出す。そして、文字列に変換。

クッキーの書込み(保存)処理

function setCookie(key,data00) {
 to_day = new Date();          //本日を求める
 set_day = new Date(to_day.setTime(to_day.getTime() + (180 * 24 * 60 * 60 * 1000)));
 c03 = key + "=" + escape(data00) + "; " + "expires=";
 c03 += set_day.toGMTString(); 
 document.cookie = c03;
}
クッキーの有効期限(本日+180日)
 var to_day = new Date();          //本日を求める
 var set_day = new Date(to_day.setTime(to_day.getTime() + (180 * 24 * 60 * 60 * 1000)));
 set_day.toGMTString();         //グリニッジ標準時
「 document.cookie = c03;」
クッキーデータに書き込む





00/05/08更新

戻る