SGOステンドグラス

中世ヨーロッパ教会のステンドグラス

エス・ジー・オー カジワラ

 

お問い合わせはお気軽に (担当 梶原)
TEL :0587-54-6908
受付時間:平日 9:00〜18:00

Eメール:susumu@e-stainedglass.jp

HOMEステンドグラスのお話テンドグラスの歴史中世ヨーロッパ

 ▶WEBカタログ  ステンドグラスのお話

ステンドグラスのお話

 

  ► テンドグラスの歴史

    中世ヨーロッパ 

    日本(明治・大正 ) 

    スタジオ・グラス運動 

    フランク・ロイド・ライト 

 

  ► ステンドグラス用語集

 

  ► 動画

 

  ► リンク集

 

 

テンドグラスの歴史

中世ヨーロッパの教会

 

中世、ヨーロッパで大変貴重で高価な色ガラスの製造をしておりました。

その色ガラスで聖書の物語をガラス絵(ステンドグラス)にして教会の窓に取り付け、

文字の読めない人々にガラス絵でキリストの教えを伝えたと言われます。

 

ステンドグラスは、教科書だったのですね。

教会のステンドグラスが光をあびて輝きだすとき、何とも言えず神聖な感じで深い感銘を受けることでしょう。

わたしたちの心に深い感動を思い出させてくれます。満足と愛着、そしてひそかな誇らしさが高まってきます。

サン・シェルピス教会堂(サン・シェルピス) 


 

 

アムシュタイン教会(オーストリア) 

アムシュタイン教会(オーストリア) 

 

 

 

サン・シェルピス教会堂(サン・シェルピス) 

 

古代ローマ時代には、建物の窓に木枠を用いてガラスをはめこんでいたものがあったとされています。6世紀には、フランスのサン・マルタン教会の窓に、色ガラスがはめられています。7世紀から8世紀には、モザイク芸術の影響を受け、色ガラスの欠片を組み合わせたステンドグラスの原型といえるものが誕生ていたようです。

 

サント・シャベル(パリ)

サント・シャベル(パリ)

メッツ大聖堂(メッツ)
メッツ大聖堂(メッツ)

ノートルダム大聖堂(シャルトル) 

ノートルダム大聖堂(シャルトル)

 

 

ステンドグラス選びのポイント

SGOステンドグラスのお客さまのご感想

SGOステンドグラスのお客さまからのご質問

SGOステンドグラス制作者ブログ

ステンドグラス選びのポイント

お客さまのご感想

お客さまからのご質問

制作者ブログ

 

『ステンドグラスはいけど、何からしていいのか?何を聞いていいのか?分からない』という方は、たくさんおられます。

問題も人それぞれです、聞きたいことも人それぞれ。あなたはステンドグラスのプロではないので当たり前です。

わたしたちには、25年の経験と500件の制作実績があります。わたしでお役に立てることがあればお気軽にご連絡ください。

 

あなたのご連絡をキリンのように、首を長〜〜〜くして、お待ちしております。

 

SGOステンドグラスのご質問・お問い合わせ

 

   お見積もりはもちろん、デザイン、購入方法等の疑問や、ご相談まで、
  ひとつずつ丁寧にお答えいたします。

 

     24時間以内に、メールでご案内申し上げます。

 

ステンドグラスの全般・工房のご案内をしたページのトップに戻ります。

 

 

HOME 選ばれる理由作品の実例デザイン のお話価格 ショップコンタクト | WEBカタログステンドグラスのお話 |

 | ステンドグラス選びのポイントお客さまのご感想お客さまからのご質問 | 制作者ブログ | MENU | リンク集 |

 | インナー・ステンド(小物)プライバシーポリシー特販法に基ずく表示

SGOステンドグラス

エス・ジー・オー・カジワラ 営業時間 AM9:00〜PM6:00 定休日 日曜・祝日(担当 梶原

〒483-8136 愛知県江南市小折町桜雲163-1  Tel:0587-54-6908  Fax:0587-55-9777 

Eメール:susumu@e-stainedglass.jp メールの件名は、「ステンドグラスの件」でお願いします。

copyright SGO kajiwara all right reserved